秋の感想戦 & 冬アニメ何みる?

 
個人的な事情で更新が滞っております。何気に脱ヲタの危機だったりします(苦笑)
追記の可能性はありますが、身動きが取れないのであまり頑張れません。
 
感想戦・総評
全体的に良かったシーズンでした。陸王もよかったし。
でも年間を通して、トーチカ先生の年だったね(笑) 存在Xの加護を得てるんだもの。
 
 
以下、各論的にGO
 
陸王
音楽もいいし、脚本も、配役も、日本のドラマとしては十分に良作品として楽しめました。邦画もこのぐらい話題になるといいのにね(見に行かないけど)
題材は「きぬた足袋」と「アシックス」らしい。更に裸足ランナーの人とタッグを組んでいるっぽい。きぬた足袋のMUTEKI(無敵)が陸王ってことだろう。ホームページらしきを確認したら、29センチまでサイズがあった。大きいサイズが選べるのは本当にありがたい。シルクレイはないけど、5000円ぐらいなので、そのうちに。まぁ、陸王の影響で当分は購入できそうにないけども(苦笑)
だいたい、足袋をはいたことがないものね。着物を着ると足袋をはくらしい。ミズノの提供で、そちらこちらにミズノ製品が出てくるんだけど、私はアシックス派。
歩いてて足に豆が出来たりするのは、靴の中で火傷するからで、スポーツ選手にとって靴の通気性は最重要と言っていい要素。陸王も通気性はどうなってんだよ?と思っていたんだけど、アッパー素材で通気性に触れていたのでギリ許容ラインですね。
実際、スニーカーみたいなデザイン優先の靴とかアホらしくて買う気にならないもんよ。日本人は靴をオシャレのラインでしかみてない。オシャレは靴から、みたいな。機能性が低くても、高価ならOKみたいな信じられないことを平気でやっている。その結果がO脚だったり、腰痛だったりするんだけども、靴のせいだとは判断せず、若さが失われたせいにしがちだ。高いヒールをはいて足を綺麗に見せるとかいいつつ、立ち方も歩き方も最低レベルでどうにもなりゃしない。奇形かっつーの。
事務職が職場ではく靴って、革靴をサンダルにしてるヤツはあるんだけど、足袋とかってどうなんだろう。足ムレしにくい安価な、妥当なデザインの製品が出てくることを願わずにはいられない。
 
陸王の話に戻って、キャスティングも良かった。以前、阿川佐和子終わった人と評した。コメンテイターとして独り善がりな女性は見るに耐えないからだ。その評価を変える気はないが、役者という別側面で輝いていたことは認めなければならないだろう。熱血男の松岡の起用といい、配役を成功させているのも素晴らしい。
とても幸せな作品でした。
 
 
○ドクターX
医龍エンドだったね。自分を手術させるっていう。なんだかんだ楽しめました。役者が遊んでいるっていうか、定番が王道になっているというか。
 
 
以下、本題のアニメでっす。
 
血界戦線&BEYOND
なんて幸せな兄メカ!いや、アニメ化!(コミックスネタね)
しかし、誰だよ岡村靖幸なんて連れてきたの……。とか、どっから音出してんだよ、あのオッサン……。とか、流石に作風とあわねーだろ!とか思ってたんだけど、最後はなんでもアリか……。となった。異論も反論も叩き潰すよなぁ。
 
ネト充のススメ
個人的に今期一番楽しみにしていたのがコレで、10話しか無かったのが惜しまれます。ただし、「クジラ〜」みたいな高コスト作品ではなく、コストパフォーマンスに優れているというか、リーズナブルな作品でした。
まぁ、中学生みたいな恋愛やってるだけという批判はありましたし、それはそれで妥当な意見ではあるんですが、良いものは良い!と言いたい(笑)
基本、低コスト作品なんですが、お金掛けるべきところにはちゃんとお金を掛けている。具体的には声優にお金を掛けている。それが作中での展開とマッチして演出の見所になるんですね。ログホラ声優メインで、主役は能登可愛いよ能登っていうおっさんホイホイです。見事にホイホイされました(笑)
見てない人のために軽く説明していくと、脱サラしたニート女子(能登)がMMOでネナベする話です。リアル側は能登なんですけど、使用キャラ(男)には別の声優さんを使ってます。そこでリリィという女キャラと知り合って、ネト充するっていう物語。ここまで説明すればだいたい展開は読めると思います。リリィの中の人が男で、そいつと恋愛になるっていう。相手は逆でネカマな訳です。リリィ役はサクラクエストのだんないよ!ちゃんで、プレイヤーの桜井は櫻井ですね。クラスティ仕事しまくってんなって感じです。
 
それがどういう風にバレていくのか?という話です。リアル側でひっかき回すキャラ(前野=ログホラで直継の人、おぱんつ祭。ブレンドSの金髪店長)が話を展開させていきます。リアル側での飲み会の話をリリィに相談することでバレていくわけですね。最終的にMMOの中にまで、前野が踏み込んでくるんですが、そのままの声優で入って来ちゃうというか(笑) 当然初心者なんで、レベルも1からになる。主役の2人も別アカでキャラ作ってインするんですけど、ここの『リアルに浸食されてしまう感じ』を、声優のキャスティングでやっているのが面白い。本来なら、凄く嫌な感じになってもおかしくないシーンですね。さらっと流してましたが、嫌な人はかなり嫌でしょう。
エロマンガ先生にも前日譚のような過去設定があるんですが、ネト充でも同じような過去設定があります。いわゆる転生イベントみたいなもんだと思われます。主役2人は別のゲームで出会っていた。前世で巡り会っていた「生まれかわり」の機能を、過去設定で作っている形なんですが、櫻井が前述のイベントで別キャラを作る際に、この過去設定でのキャラをもってくるんですよね。エロマンガ先生ではネタバレして終わりで淡泊すぎたんで、ネト充ではどうなるか?と凄く期待したんですが、こっちもネタバレして終わりでした(笑) ぜんぜん引っ張らないっていう。もうちょい構造的に補強しても良さそうな、惜しい展開でした。
 
組み合わせが示唆的というか、個人的な演出フェチというか、作品構造とかでどうしようもなく面白かったのです。この面白さ、オシャカルト!みたいな。伝わらないですね、はい……。個人的に愛をどうにか表現したかったんですが、コミコでの連載はかなり前に止まっていて、密林だと中古でしか入手できそうにないので諦めてます。……11話を見るためにブルーレイ? そこまでお金だせねーっ!
 
 
将国のアルタイル
面白かったです。個人的な事情でピノーを倒す回が見られなかったのですが、この規模でやってくれたら◎でいいと思います。文句なしです。
 
ボールルームへようこそ
最終回の盛り上がりは◎でした。原作マンガの展開を抜いたあたり、ログホラを想起させられました(苦笑) 月マガは2ヶ月休載だったはずなので、次は3月上旬の発売日までおあずけです(嘆息)
背骨をスパイラルさせて〜とか平気で言ってるんですけど、本当に分かってんのけ?とか思わずに居られません(笑) 取材した人が言ってそうなんでアレですが。
玉すだれの中に、「ズレ」と「そらし」の運動があります。ズレは、延べ金とも言うんですが、少しずつズラしていくことで曲げていく概念ですね。嵐の番組でやってるゲーム「コインタワー」で、少しずつズラして乗せていくとバランスがとれなくなるようなイメージが、延べ金(ズレ)です。玉すだれには延べ金に対して「そらし」もあり、この二つの要素に回転を加えるとスパイラルになります。
今の若い人には玉すだれが分からないかもですね。私も1度さわったことがあると思うんですけど、そのぐらいですし。身近な道具の中にある運動構造を感得することが非常に重要なんです。身体感覚による理解がないと始まりません。ダンススクールに玉すだれを用意するような粋があればいいんですが、無理ですよね(苦笑)
 
 
●UQ HOLDER!
えっとー、まぁ、こんなもんですかね。
赤松先生の作品をアニメ化するには、もうフルCGの方が向いてるのかも。刀太役の子はだんだん巧くなって来ましたけど、人狼の人とか……。いいんちょは良かったです。むしろ、雪姫役の松岡さんが声出てなかったりとか(笑) 千雨は別の人でしたけど、イメージはそこまでズレてなかったです。
大雑把にまとめて、こんな作品もあるらしいよ?って感じの印象に仕上げたってところでしょうか。
 
 
インフィニティ フォース
ホントに企画は悪くないんですよ。多分に音楽的演出の問題でしょう。ようするにスパロボみたいに各キャラの音楽を自然に盛り込めなかったので、盛り上がらないっていう。変身シーンとか必殺技とか、バンク使えよ!とか思ってしまってどうにもなりません。
物語と全体の流れは悪くないんです。ただ、過去ヒーローがどうにも寒々しい。それと、逆ハーレムものなのに、ヒロインがドキッとするシーンすら作れないとか、お前らやる気あんのか!?と怒鳴りたくて。
タツノコの看板でこの程度とか。……本当にありがとうございました。
  
妹さえいればいい。
エロマンガ先生よりも遙かにリアル路線でしたね。大きなドラマ展開を期待させつつ、そこまで行かずにエンド。そこそこ面白い作品でまとめてました。良かったのではないでしょうか。続きに期待してます。
 
 
●フェイト/アポクリファ
最終回待ち。所々、気合いの入った作画でしたけど、全体的には緩慢としか言いようもなく。イレギュラーのホムンクルスと、ルーラーのジャンヌが主役張ってて、フェイトになっていない。サーヴァントとマスターの絆を中心としたドラマ作りが圧倒的に足りないんですよね。その意味だと赤のセイバーの物語は良かったんですけども、脇役のちょい役なので作品全体への寄与は僅かでした。
 
 
クジラの子らは砂上に歌う
高コスト作品で、力入ってるのは分かるし、演出もひとつひとつ丁寧なんですけど、アポクリファジークと声が被ってて、どっちも主人公のウザさが際だってしまい、こらアカンとなってしまいました。エヴァの流れにある、暴力を忌避する感覚とかも展開をスローにしています。時期的なものとマッチしてない感覚というか。本格的ではあるんですが、もうひとつ突き抜けていかなかったですね。
 
 
宝石の国
クジラ〜と同系統の始まり方をした本品でしたが、主役の成長(?)を中心に、見られる話作りになっていました。あっちは記録係で、こっちは博物史とか。どっちにも戦闘シーンがあって、その後の展開が変わっていくという。パワーアップしつつ、記憶が欠けていく。
 
魔法使いの嫁
アリスと蔵六」風の、現代と魔法の物語ではありましたが、こっちの方が荒唐無稽さは抑えてあり、正統?ファンタジー風な作りになっていました。うーん、説明がむずい。
魔法の黒い側面も提示しつつ、世界の美しさを表現していく作りですね。
 
 
つうかあ
他のキャラの物語を順に処理しつつ、最後は本題へ戻ってゴール。ご都合主義的な勝利でしたが、悪くなかったように思います(良かったとも言い難い作品でしたけど)
レーシングニーラーとか、どこまで本当なのやら。ちょっと調べたりしたくなりました。
 
僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
悠木碧の時代が来たことを象徴する作品だったような。トップ声優に明確に躍り出たというべきか。いろんな作品にでているけど、サクラダリセットとか、ボールルームとか、みんな主役ではないんだよね。幼女戦記から続く流れで、本作で主役をやったことには意義があると思う。インタビュー記事とかがあったら、「演じることの楽しさに目覚めた」とか言ってそうな展開(妄想です、念のため)。
 
内容的にはふざけた作品作ってんなーって感じですけど、まぁ、それはそれでね。
 
 
いぬやしき
最終回のひとつ前の決戦シーンが見られなかった。orz
一応、評価外なんですが、文句なしで◎でしょう。面白かったです。
 
Just Because!
これも評価外にすべきなんでアレですけど、地味なアレな割に楽しめました。○ぐらいかなぁ。
 
十二大戦
最終回は見たけど、その前の皆殺しの天才がどうなったのかが分からないまま。なんか油断しまくり大戦でしたけど、ネズ公の能力だったんならしゃーない、のか? 評価、ムズいです。
 
―Dies irae
だんだん良くなって来ている?ような。どうせテレビ放送しない6話があるんで、評価外なんですけどね。
 
―いつだって僕らの恋は10センチだった
6話でエンドでしたか。ずいぶん中途半端な時期にスタートしたな?と念のために録画して見てた奴なんですが、6話の内の1話を見逃したので評価外です。7年も放置しといてまだ恋愛関係が継続するだとか、脚本、男だろ?と思わずにはいられません。女性の感じる寂しさは数倍ですからね。男にとっての7年はせいぜい2〜3年分の寂しさでしょう。でも女性からすると7年どころでは済まない。14年分以上の寂しさを押しつけて放置する作風とか、そろそろ改めたらどうかな?と思わないでもありません。
 
 
■ 冬アニメ、何みる?
りゅうおうのおしごと! MX 1/08
ついに救世主ことシャルロット・イゾアール様がご降臨される時が、くるっ! 全裸にて正座待機すると深刻なロリコン疑惑になるため、防寒対策ばっちりで望まねばなるまい。
主役(?)の声優、内田くんってば、まれいたその弟君だとか。(マクロス△のハヤテ)
 
オーバーロード2 MX 1/09
ドンチュー・ギミヨー。アインズ様再び。トカゲネタやるらしいので、どうなるか。ハルヒエンドレスエイトみたいなやらかしになるかどうか(笑) それも含めて、楽しみ。
 
ヴァイオレット・エヴァーガーデン MX 1/10
京アニの超美麗アニメ。つか、弓道のヤツってどうなったん?
 
ダーリン・イン・ザ・フランキス MX 1/13
トリガーとA―1。リトルウィッチアカデミアも(見てないけど)面白かったというし、トリガーは追いかけるべきなんだろうねぇ。
 
グランクレスト戦記 MX 1/05
故郷の解放ぐらいまでやるかな?という感じでアニメ化を確認しようかと。ネトラレアニメ、はっじっまっるよー!(笑)
 
ポプテピピック MX 1/06
文字にするとヒポプピテックだと思ってた。ネタ的にみるかなぁ?
 
刻刻 MX 1/07
興味なかったんだけど、辻谷さんが出てる。そういえば、次のスパロボもF91が出るみたいだから、やろうかと思いつつある。だって、辻谷さんなんだぜ……?(アーサーじゃないからw)
 
デスマーチからはじまる異世界狂想曲 MX 1/11
なろう系? まぁ、ひとつはみるからね、これ系。
 
Fate/EXTRA Last Encore MX 1/27
新房監督は信じていないし、スタート27日なのも相まって疑惑の目でみてしまう。エクストラより、2作目のCCCが本番なんだけども。
 
 
その他
宇宙よりも遠い場所 MX 1/02
けいおん系のゆるキャンみたいなヤツだろ?とか思うんだけど、2日からなので見るものないし……、とか思うと見ちゃいそう。試合巧者かよ。
 
恋は雨上がりのように フジ 1/11
45歳のおっさんと女子高生って、そりゃロリコンじゃないですか、やだー。警察に通報すべき。
 
博多豚骨ラーメンズ MX 1/12
一般書籍扱いで目に入るウザいやつ。でも、ジョーカーゲームもそんな感じで面白かったし。みる、かなぁ?
 
BEATLESS TBS 1/12
雰囲気は、ある。でもアニメにできんの?という疑問も、ある。